ギャラリーレンタル料 平日8,000円 土日祝10,000円 5日間割40,000円

公募セルフポートレイト展
私がわたしを撮る理由6 出展者募集

【応募締切:2017年8月27日まで】

会 期 2018年1月12日(金)~1月27日(土)
休廊日 15(月)、18(木)、19(金)、23(火)、24(水)
時 間 15:00~22:00
主 催 Cafe Gallery 幻
企 画 艶子(写真家/Cafe Gallery 幻)
審査員 艶子、小林義和(美術家/Cafe Gallery 幻)
    ほか数名予定

作 家 応募者から15名ほど選出
 

募集内容

セルフポートレイト写真作品

  • 予選は過去作画像で行います。実際の出展作は来年1月までにご準備いただければ構いません。
  • 自分を被写体とした写真作品であること。
  • 作品の主題としてセルフポートレイト写真を用いていれば、他の写真を含む連作、コラージュ、立体、ミクストメディア作品などでも構いません。
 

「自分を撮る」を問い直す写真展

"「セルフポートレイト」というものが一つのジャンルとなってしまった今、それは「自己陶酔」や「ナルシシズム」といったイメージで受け取られがちです。そうした固定概念を拒否、あるいは積極的肯定し、それが一つの写真作品であると訴えるとともに、「なぜ自分を撮るのか?」を問い直す展示を行います。"

上記は「selfie(セルフィー:自撮り)」という言葉が世界的流行語となる一年前、2012年7月に開催された第1回「セルフポートレイト展 私がわたしを撮る理由」の宣言文です。本展は以降2015年まで計4回開催しましたが、昨年1年の休止期間を設けました。それは、世にあふれるセルフポートレイトや自撮りの中で、この展示が当初の宣言文を離れ一時の流行熱や飽和の共犯者になることを恐れたからです。セルフポートレイトを大切にしたい、そのためのお休みでした。そして先ごろ開催した総集編としての第5回を踏まえ、このたび公募による第6回を再開します。

ソーシャルメディアの普及で「自撮り」を見ること・撮ることが日常化し、誰もがコンテンツとしての「自分」を配信できる。似たような「私」があふれる中に埋もれず意志を持ち撮ること、あるいはふと立ち止まり少し考えることができたら、写真が意味をなす力は光を放つと思う。

観客投票により比較されることは恐ろしいかもしれませんが、順位を競うだけの展示ではありません。スリリングさと同時に、生の意見をもらうこともあるかと思います。身体中で嬉しさ、悔しさも体感できる企画です。毎年、結果発表で悔し涙、嬉し涙を流す方、笑顔で抱き合う方もいらっしゃいます。2012年のスタート以来、毎年新しいセルフポートレイトの形と出会えるこの企画。今年はどのようなセルフポートレイトを見ることができるのか。ジャンル、性別、年齢、経験、あらゆる垣根を越えてたくさんのご応募をお待ちしております。

自分を撮るあなただけの意味と意志を示して欲しい。
「あなた」が「あなた」を撮るのはなぜですか?

(艶子/写真家・Cafe Gallery 幻)

▼過去の内容・受賞者はこちら
> 企画展「私がわたしを撮る理由 5」(2017年)
> 公募展「私がわたしを撮る理由 4」(2015年)
> 公募展「私がわたしを撮る理由 3」(2014年)
> 公募展「私がわたしを撮る理由 2」(2013年)
> 企画展「私がわたしを撮る理由」(2012年)

▼「私がわたしを撮る理由4」開催時のトークイベント映像(2015年)

お申込

応募締切

締切:2017年8月27日(日) 24:00

  • ご応募いただいた中から選考で出展作家を決定。
  • 予選は過去作画像で行います。実際の出展作は来年1月までにご準備いただければ構いません。

費用

出展料:5,000円

販売手数料:販売作品&グッズについて売上の30%

※選考に費用は掛かりません。予選を通過し出展が決まった方のみ出展料をお支払いいただきます。

お申込方法

当ページをお読みの上、下記内容をメールにてお送りください。
Mail: info@cafegallerymaboroshi.com

  • メールの件名:「私がわたしを撮る理由6 応募」と記載
  • 作家名: グループの場合は団体名。
  • 参考作品: 過去作品・活動履歴を拝見できるウェブサイト、または画像。実際の出展作でなくて構いません。
  • 私がわたしを撮る理由:あなたにとって、自分自身を撮る理由とは何でしょうか? 短い一言でも、長い文章でも構いませんので、ご記載ください。文章も選考材料とさせていただきます。なお、文章は展示会場に掲示予定ですが、開催前に修正可能です。

諸注意

ご応募後3日以上返信が来ない場合、お手数ですがTwitterなどからご連絡ください。
※特にezwebメールの方はこちらからのメールが届かないことが多々ございます。

LINE  facebook Instagram

審査

 

予選

参考作品画像と「私がわたしを撮る理由」の文章を審査の上、出展者約15名を決定させていただきます。

  • 予選審査員
    艶子(写真家、Cafe Gallery 幻)
    小林義和(美術家、Cafe Gallery 幻代表)
  • 結果発表
    9月上旬を予定
    ※応募いただいた方全員にメールでご連絡させていただきます。
 

本選(展示)

来場客と審査員の投票により入賞者を決定します。

  • 観客票
    1名につき1~3位の作品を必須選択。
    1位に3票、2位に2票、3位に1票を配当
    観客票の受付は最終日前日の1/26(金)で終了
  • 審査員票
    1名につき10票を任意に投じる。出展者一人への複数票も可
  • 本選審査員
    艶子(写真家、Cafe Gallery 幻)
    小林義和(美術家、Cafe Gallery 幻代表)
    ほか2~3名予定(交渉中)
 

  • 優勝 賞品/カフェギャラリー幻での個展開催権
  • 準優勝 賞品/カフェギャラリー幻の企画展出展権
  • 3位 賞品/カフェ2000円券
  • 審査員賞
    艶子賞 賞品/カフェギャラリー幻の企画展出展権
    カフェギャラリー幻賞(小林義和選) 賞品/カフェギャラリー幻の企画展出展権
    ほか各審査員賞

会期最終日19時より結果発表&クロージングパーティーを行います。
得票6位~15位は作家本人にのみ順位と得票をお伝えいたします。

 

艶子 / Tsuyako


© Tsuyako

1986年生まれ。東京都出身・在住。自身の精神治癒として高校時代より独学でセルフポートレイト写真を撮り始める。近年では他者との関係性を題材にポートレイトを始め写真だけではない活動にも着目。2012年7月13日の金曜日「Cafe Gallery 幻」を開店し、店長となる。 幻では主にデザート製作と企画を担当。

zakuro-13.petit.cc
Facebook Twitter

 

小林義和 / Kobayashi Yoshikazu


© Barajuzidan, Tsuyako

イラストレーター。美術家。Cafe Gallery 幻 代表。1978年生まれ。長野県出身、東京都在住。薔薇十字団名義でイラストレーター業を行う傍ら、呪物崇拝を題とした美術作品を制作。Cafe Gallery 幻では企画、キュレーション、経営等を行う。

barajuzidan.com
Twitter

予選通過者は下記の通り出展をご準備いただきます。

展示スペース

【壁面】 縦60cm×横60cm 以内

  • 作品数:上記サイズに収まれば作品数は何点でも構いません。
  • 立体物など:立体や特殊な展示方法は個別に可能な限り対応しますので事前にご相談ください。
  • 展示作品以外のポストカード・写真集等の販売品、名刺は別途置き場所を用意いたします。
  • 壁への展示は基本的に「ワイヤーフック」を使用。額・木製パネルは背面にひもを掛けてください。紙やスチレンボードなどの軽い物は「ブル・タック(粘着ゴム)」で貼り付けも可能。(いずれも弊廊にてご用意あり)
  • 画鋲、ピン、釘、テープなどは利用不可。

搬入出 など

 

搬入(作品の設置)

  • 直接搬入の方
    1月8日(月祝) 18時~22時
    ※会期の4日前です
  • 郵送・宅配便の方
    1月8日(月祝)まで に届くようお送りください。早く届く分には日時指定無しで構いません。
    宛先:〒113-0022 東京都文京区千駄木2-39-11 カフェギャラリー幻
    電話:050-3692-2853
 

搬出(片付け)

  • 直接搬出の方
    会期最終日 1月27日 21:00頃~23:00
    ※会場は22時までクロージングパーティーを行います。
  • 郵送・宅配便の方
    着払便でご返送いたします。返送用の着払い伝票を事前にご用意ください。
 

在廊

会期中はスタッフが常駐します。ご在廊は可能な方・日時のみで構いません。
※店内が狭いため、混雑時はご来場のお客様に席をお譲りください。

 

販売

  • 手数料:販売品が売れた場合「価格の30%」を手数料として頂戴します。
  • 消費税:会計時には消費税を加算しません。消費税分が必要な出展者様は、あらかじめ納品書や値札に税込価格をご記入ください。
  • お会計:会計・受け渡しは当店スタッフが行います。
    ・展示作品: 売約済とし、会期終了後に店頭か着払便でお客様へお渡し
    ・雑貨やグッズ類: 購入時にその場でお渡し
  • 通販:メール等でお問合せがあった場合は通販も対応いたします。
  • ご精算:「搬出時に現金」または「後日に銀行振込」でお支払いします。

展示にご準備いただくもの

※下記に沿わないものは展示・販売をお断りすることがございます。

  • 作品:ギャラリー仕様に沿って設置可能か必ずご確認ください。
  • 値札(グッズ用):展示作品以外のグッズ・商品には必ず1点ずつ値札シールを貼ってください。お会計時に剥がして売上を管理します。
    • 値札には「税込価格」「作家名(略記でも可)」と可能であれば「商品名か品番」を記載してください。
    • 値札シールは「貼って剥がせるタイプ」のもの(100均などに売っています)またはマスキングテープなどのきれいに剥がせるテープをご利用ください。シールが直接貼れない商品はひもで結ぶタイプの値札でも構いません。
  • 納品書:メールにて、搬入前もしくは搬入後お早めにお送りください。
    お送り先: info@cafegallerymaboroshi.com
    • Excel、Googleスプレッドシート等の表計算ソフトをご利用の方
      下記から納品書ファイル(Excel)をダウンロードして内容をご記入の上、メールでお送りください。
      >納品書ファイルをダウンロード
    • Excelのご利用環境がない方
      メール本文に作品・販売品の「名称(あれば品番も)」「個数」「販売価格(税込)」を記載してお送りください。
  • 作品の配置図:郵送搬入で指定がある方のみ。
  • 名刺:希望者のみ。
  • 返送用着払い伝票:郵送搬出の方のみ。ご返送先の住所氏名等を記した着払い伝票をご用意ください(通常クロネコヤマトを利用していますが、他業者でも構いません)。
 

弊廊で用意するもの

  • キャプション(掲示カード):作品タイトル等を記したキャプションは、弊廊で統一のものを用意します。
  • 芳名帳・感想ノート:弊廊で用意する1冊を全体で使用します。
  • 器具・工具:「ワイヤーフック」「Blu Tack(ブル・タック)」は弊廊でご用意します。その他の設置法については事前にご相談ください。

注意事項とお願い

  1. 【猥褻物など】
    展示物の内容が法の定める「猥褻物」や「児童ポルノ」に抵触すると判断した場合、やむを得ず作品の展示をお断りさせていただく場合がございます。ただし、可能な限り作家様の意志を尊重できるよう努力いたしますので、事前にご相談ください。
  2. 【事故・盗難】
    作品の取り扱いや盗難・事故の防止は十分注意して行わせていただきますが、盗難やご来店客の不注意による破損が発覚した際、損害分の金額はお支払いいたしかねます。また、ご利用者様自身に事故・盗難等、何らかのトラブルが生じても弊店は責任を負えません。
  3. 【広告・撮影】
    弊店の広報用として、店内や作品を撮影した写真をウェブや印刷物に掲載させていただくことがございます。また、ご来店のお客様による作品撮影の可否は作家様の希望に添いますが、通常は許可いたします。
  4. 【現状復帰】
    店舗・什器に対し、釘、ネジ、テープ類の使用はできません。火気・危険物の使用はできません。設備、什器、壁面等を破損、紛失された場合、実費にて補償していただきます。
  5. 【禁煙】
    店舗内は禁煙です。
  6. 【飲食物】
    飲食物の持込はお断りいたします(パーティー時などを除く)。
  7. 【販売不可物】
    ご利用者様による飲食物・化粧品などの販売は、衛生管理上・法律上の理由からお断りさせていただきます。
  8. 【規約違反】
    事前のご相談無く申し込みと異なる展示をすることや、利用権利の譲渡・転売はお断りします。また利用規約に反する行為があったり、当店スタッフの指示に従っていただけない場合、当日であってもご利用を中止させていただきます。その場合、ご利用料金は全額お支払いいただき、払い戻しはできません。

※利用規約は予告なく変更することがございます。