ギャラリーレンタル料 平日8,000円 土日祝10,000円 5日間割40,000円

ART / 写真 企画展

セルフポートレイト展
私がわたしを撮る理由5

“「セルフポートレイト」というものが一つのジャンルとなってしまった今、それは「自己陶酔」や「ナルシシズム」といったイメージで受け取られがちです。そうした固定概念を拒否、あるいは積極的肯定し、それが一つの写真作品であると訴えるとともに、「なぜ自分を撮るのか?」を問い直す展示を行います。”

上記は「selfie(セルフィー:自撮り)」という言葉が世界的流行語となる一年前、2012年7月に開催された第1回「セルフポートレイト展 私がわたしを撮る理由」の宣言文です。

本展は以降2015年まで計4回開催しましたが、昨年1年の休止期間を設けました。それは、世に溢れるセルフポートレイトや自撮りの中で、この展示が当初の宣言文を離れ一時の流行熱や飽和の共犯者になることを恐れたからです。セルフポートレイトを大切にしたい、そのためのお休みでした。

そして今年2017年。5年前の宣言文が今も変わらず、より現実的意味を持つ時代。あのころセルフポートレイトを撮っていた人はもう撮っていないかもしれない。今も続けて撮っているかもしれない。撮る理由もまた、年齢、環境、人生とともに変わっているかもしれない。そんな変化あるいは継続を見つめ直し振り返ることはどうだろうか? 過去この企画に関わっていただいた写真家の中から、優勝者、準優勝者、審査員賞受賞者、審査員に声をかけ、参加可能な14組による「私がわたしを撮る理由5」を開催いたします。

あふれる中に埋もれず意志を持ち撮ること、あるいはふと立ち止まり少し考えることができたら、写真が意味をなす力は光を放つと思う。この企画は単に写真を掲示するものではなく、展示する側、見る側、双方で成り立つ企画です。

自分を撮るあなただけの意味と意志を示して欲しい。
「あなた」が「あなた」を撮るのはなぜですか?

(艶子/カフェギャラリー幻)

※2018年1月「公募セルフポートレイト展 私がわたしを撮る理由6」の開催を予定しています。今回の第5回を踏まえ、ぜひ多くの方の挑戦をお待ちしております(現在詳細準備中)。

▼過去の開催内容はこちら
> 「私がわたしを撮る理由 4」(2015年)
> 「私がわたしを撮る理由 3」(2014年)
> 「私がわたしを撮る理由 2」(2013年)
> 「私がわたしを撮る理由」(2012年)

 

2017年7月1日(土)~7月17日(月祝)

時 間 15:00~22:00
休廊日 4(火)、5(水)、10(月)、13(木)、14(金)
観覧料 無料

主催
Cafe Gallery 幻

企画
艶子

出展作家
艶子 / 雨宮里江 / 卯月沙梨音 / かね子はる / 小池菜摘 / しづく / 書庫トヲル / takahashi toshio / はぎれ / marshaloop / 摩耶仙人 / 三橋コータ / 杳芽具見 / りゑを

公式Twitter: @w_w_t_r
TwitterやInstagramにハッシュタグ #私がわたしを撮る理由 を付け、展示の感想・あなたのセルフポートレイト写真や撮る理由を投稿してください

 

レセプションパーティー

  • オープニング:7月1日(土) 18:00~22:00
  • クロージング:7月17日(月・祝) 18:00~22:00

参加費:1ドリンクオーダー(500円~) / 食べ物飲み物の持込歓迎 / 予約不要
一般のお客様どなたでもご参加いただける会です。お気軽にお越しください。

 

作品&グッズ通販

受付期間:7月7日(金)22:00~7月17日(月)15:00

 

限定カフェメニュー

展示をイメージしたデザート&ドリンクを販売します

出展作家

 

雨宮里江 / Amemiya Rie

・「私がわたしを撮る理由3」出展
・「私がわたしを撮る理由4」審査員


© Amemiya Rie

1982年 神奈川県川崎市生まれ。2000年からデジタルカメラを使い独学でセルフポートレート写真を始める。創作の傍らブライダルフォトやポートレート写真などの仕事を経て、現在は作家活動を中心に都内や海外などで活動をしている。現在では写真講師や、女性の生きる姿と内面の世界を切り取る作品にも挑戦中。雑誌掲載、コンテストや海外コンペなどでの受賞も多数。

2017年7月21日から富士フォトギャラリー銀座にて個展「女・生ージョ・セイー」展 〜全ての生きる女性達の美を刻む写真展〜を開催する。

横浜市内スタジオにて、女性専用のフォトスタジオ「Art therapy Photo Studio Rainbow」を運営中。撮影前にカウンセリングを行い、貴女にしか表現できない、貴女だけの写真を残したい方、お待ちしております。(その他フォトメニューはHPをご覧ください)

受賞歴等
1999年 世界エイズポスターコンテスト最優秀賞
2002年 エプソンカラーイメージングコンテスト審査員賞(森村泰昌)
2013年 アサヒカメラ月例コンテストモノクロ部門5位、組作品部門入選
2014年 PX3 PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS プロフェッショナル/セルフポートレート部門 銅賞2部受賞
2015年 PX3 PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS プロフェッショナル/セルフポートレート部門 金賞受賞

雑誌掲載
日刊ゲンダイ/日刊スポーツ/神奈川新聞/ラジオ日本/月刊カメラマン2014年5月号「カメラマン最前線」 /月刊カメラマン2015年2月号「挑戦的、裸体!」/PX3 PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS 2014年・2015年の年鑑作品掲載/埼玉県情報カメラ雑誌「ふぉとさい」他

展示会歴
2001年4月 下北沢ギャラリーGeki 初個展「MIND」
2002年3月 下北沢ギャラリーGeki 個展「Message」
2002年8月 下北沢ギャラリーGeki 個展「Hazard of Mindー或る脳内の廃室ー」
2002年11月 渋谷ギャラリールデコ グループ展「私は水です」
2002年11月 Tokyoビッグサイトデザインフェスタ出展
2003年1月 銀座 羅針盤 企画グループ展「異色の写真家達」
2003年3月 銀座 羅針盤&エプソン協賛グループ展「ピエゾ博士の展覧会」
2003年6月 渋谷ギャラリールデコ 個展「鏡界」
2003年11月 Tokyoビッグサイト GEISAI出展
2004年4月 下北沢ギャラリーGeki 個展「赤い部屋」
2004年6月 ライブハウス下北沢屋根裏 アーティストとライブコラボレーション(作品展示、撮影)
2004年8月 ライブハウス下北沢シェルター アーティストとライブコラボレーション(作品展示、撮影)
2004年9月 埼玉近代美術館 二人展開催
2005年8月 渋谷ギャラリールデコ 個展「黒空」
2006年2月 池ノ上 現代ハイツギャラリー 個展「Gemini」
2006年7月 NYに単身渡米。写真家のayakamayと撮影コラボレーション
2006年8月 渋谷Art Bar ARAQ グループ展「人間展」
2007年7月 原宿K.Sギャラリー 個展「Silence Doll」
2008年9月 TokyoビッグサイトGEISAI#11 グループ展「Negative Art展」
2009年1月 銀座ヴァニラ画廊 企画グループ展 乙女のエロティシズム展「スウィート・セクスアリス」
2009年1月 NY Ouchi Gallery「100Artist Exhibition」
2009年5月 池ノ上 現代ハイツギャラリー10周年記念グループ展「A trace of 10years in gallery Den」
2010年8月 ARTiSM FESTA 2010 SUMMER MONT★SUCHT出演
2010年7月 Midnight★Mess -Seileen EP"Requiem D-moll"Release Party(作品展示参加)
2010年10月 NY Ideal grass gallery "Mad Supper"(作品展示参加)
2010年11月 渋谷ギャラリールデコ 個展「CRoW'S JoKer」
2011年5月 銀座ヴァニラ画廊 企画二人展「華蝶月香」
2012年2月 池ノ上 現代ハイツギャラリー グループ展「大人写真部ーそれぞれの視生ー」
2014年5月 渋谷ギャラリールデコ 個展「女蝶標本」
2014年8月 CLUB KING / ディクショナリー倶楽部 千駄ケ谷 OPPAI展参加
2014年9月 千駄木 カフェギャラリー幻 セルフポートレートグループ展「私がわたしを撮る理由3」
2015年4月 渋谷ギャラリールデコ 蠣崎洋・雨宮里江二人展「RE MIND」
2015年6月 渋谷ギャラリールデコ HASEO主催グループ展「闇の王Ⅱ」参加
2015年10月 赤レンガ倉庫 iPhoneケース展/iPhone写真展「Womens」招待作家枠参加
2015年12月 HASEO主催 名古屋リアルポートレート展/闇の王ブース参加
2016年3月 渋谷ギャラリールデコファイナル週 個展「My self-portraito -1999〜2016-」
2016年8月 クリエーションギャラリー日本橋箱崎 HASEO主催グループ展「闇の王Ⅲ」参加
2016年8月 富士フォトギャラリー銀座オープニング写真展「PROFESSIONAL PHOTOGRAPHER 60人展」招待参加
2016年9月 赤レンガ倉庫 iPhone写真展 招待枠参加
2016年10月 四ツ谷ギャラリーニエプス 雨宮里江xかね子はる二人展「As present self portraito. 」
2016年10月 HASEO主催 名古屋 リアルポートレート展参加
2017年2月 CP+2017 BankART Studio NYK 御苗場出展
2017年6月 渋谷ギャラリールデコリニューアル開幕週 「闇の王4」公募審査員&参加
2017年7月 千駄木 カフェギャラリー幻「私がわたしを撮る理由5」招待枠参加

rieamemiya.com
Facebook Instagram

今後開催予定の展覧会
個展「女・生ージョ・セイー展」〜全ての生きる女性の美を刻む写真展〜
2017年7月21日〜27日 富士フォトギャラリー銀座
「女・生ージョ・セイー展」クラウドファンディングページ
「女・生ージョ・セイー展」Facebookページ

 

卯月沙梨音 / Uduki Sarine

・「私がわたしを撮る理由」招待作家
・「私がわたしを撮る理由2」審査員


© Uduki Sarine

1988年生まれ。鹿児島県出身。2002年から小説や詩を書き始め、2006年にセルフポートレイトと出逢い独学で写真を始める。強く成り、強く在る為に。いっしょくたにされない為に。変化し続ける為、貫き続ける為。私がわたしで在る為に。写真と、言葉と。ふたつでひとつの作品を創り続けている。セルフポートレイト写真にレジンや鏡、ドライフラワー等を用いる立体作品の制作にも取り組んでいる。

2015.10 個展『白黒夢~monochrome~』 / カフェ百日紅
2015.8 The Artcomplex Center of Tokyo主催 『stella nova4』
2013.7 卯月沙梨音× 五十嵐わなを二人展『いっしょくたにするな』 / 銀座モダンアート
2013.4 初個展『箱庭人形』 / カフェギャラリー幻
2013.4 ベラドンナ・アート主催 第9回全国作品公募『ベラドンナ・アート展』
2012.7 カフェギャラリー幻主催 セルフポートレイト展『私がわたしを撮る理由』
2012.7 銀座モダンアート主催 『セルフヌード展』
2009.1 atelier BEMSTAR主催 『50人の写真展』

masiroiyume.xsrv.jp
Twitter Instagram

 

かね子はる / Kaneko Haru

・「私がわたしを撮る理由4」優勝、雨宮里江賞、ハヤカワ五味賞


© Kaneko Haru

1998年生まれ。東京在住。5歳の時にクラシックバレエを始める。2014年写真を撮り始める。現在、日本大学藝術学部写真学科在学中。

主な活動歴
2015.05「私がわたしを撮る理由4」@カフェギャラリー幻 総得票1位 雨宮里江賞 ハヤカワ五味賞
2016.01「セルフポートレート展 2016」@銀座モダンアート
2016.05 デザインフェスタvol.43 「Self」主催@東京ビッグサイト
2016.08 PHOTOJAM NAGOYA@Gallery40
2016.09 アサヒカメラ10月号写真の殿堂ネット部門 1位(殿堂入り) 掲載
2016.10「As present self portrait」雨宮里江×かね子はる 二人展@ギャラリー・ニエプス
2017.03 40one's@Gallery40
2017.05 アサヒカメラ6月号写真の殿堂ネット部門 1位(殿堂入り) 掲載
2017.06 写真展 「闇の王」@渋谷ギャラリールデコ

Twitter Tumblr

 

小池菜摘 / Koike Natsumi

・「私がわたしを撮る理由3」優勝
・「私がわたしを撮る理由4」審査員


© Koike Natsumi

岐阜県中津川市の写真家兼業農家で1児の母。
命のうつくしさについていつも考察しています。

1986/06 大阪府茨木市生まれ
2012/07 証券マンから写真家へ転向
2013/06 初展示
2014/09 私がわたしを撮る理由3 総合1位
2015/07 個展「出生-しゅっしょう-」
その他展示多数

koike-lab.com
Twitter Instagram

 

しづく / Shidsuku

・「私がわたしを撮る理由3」小林義和賞


© Shidsuku

人物を撮って、声を録っている。
絵を描いて、文を書いている。
寡作だがいろいろとやっているひと。

写真を撮っているようでいて
もしかしたらわたしが作っているこれは写真ではないのかもしれない。
ただ、それでも、ただ届けたいひとに届いたらそれでうれしい、そんな人間。

届けたい相手はもしかしたらあなたではないかもしれない。
それと同時にあなたが私にとって新しい届けたいひとになるかもしれない。

いつだって出会いを求めていて
いつだって誰かを突き放そうとしている、そんな人間。

私が好きで人間が好き。
私のレンズは誰かに向いている。

Twitter Instagram Tumblr

 

書庫トヲル / Shoko Toworu

・「私がわたしを撮る理由3」3位
・「私がわたしを撮る理由4」3位、幻賞


© Shoko Toworu

1993生まれ 田舎出身 東京在住。10代の頃に撮影会モデル、ヘアメイクモデルなど経験。2013年よりセルフポートレートのみでの活動を開始する。少女と女性の間で揺れる独自の世界観で、透明感のある作品が評価される。

2017.4 PHOTOJAM TOKYO vol.6
2017.1 書庫トヲル×abe seiya[kyabeshi] 二人展『かざりと狭間』
2016.12 Picteleid -ピクテレ展-
2016.1 PHOTOJAM TOKYO vol.4
2015.8 PHOTOJAM TOKYO vol.3
2015.6 カフェギャラリー幻・公募展「私がわたしを撮る理由4」 総得票三位、幻賞
2015.4 Acru・セルフポートレート写真展「I my me」
2014.10 雑誌 フォトテクニック デジタル 11月号 特集「彼女たちのセルフポートレート」
2014.09 カフェギャラリー幻・公募展「私がわたしを撮る理由3」 総得票三位

Twitter Instagram Tumblr

 

takahashi toshio / たかはしとしお

・「私がわたしを撮る理由3」準優勝、三橋コータ賞


© Takahashi Toshio

1987年生まれ。静岡県浜松市在住。エンジニアとして働きつつも"自分の人生を揺るがす写真の探求"を 目的として、写真製作を行う。かつて人生を変えてくれた音楽や映像と写真の共通点を探す過程で、 "時間"という概念に着目するようになる。撮影スタイルやジャンルを超えた考え方、撮影機材を自作することで、時間の流れを具現化した写真作製に注力する。

takahashi1041.wixsite.com/tsoops
Twitter

 

はぎれ / Hagire

・「私がわたしを撮る理由4」艶子賞


© Hagire

元々は大好きなディズニーを撮るために一眼レフを購入。被写体を始めた2014年からカメラマンさんのすすめによりセルフポートレートを撮り始める。同じ年にハンドメイドアクセサリーブランドも設立。以後、セルフポートレート、被写体、ハンドメイドアクセサリーと同時に活動中。

hagiresan.wix.com/hagire

 

marshaloop / マーシャループ

・「私がわたしを撮る理由2」準優勝、窓辺賞
・「私がわたしを撮る理由3」出展


© Marshaloop

main model: 魔法少女元帥 / mahoushoujo gensui
main camera: ぐるり / gururi

魔法少女元帥、ぐるりの2人による創作写真ユニット。2012年名古屋にて活動開始。魔法少女元帥がモデル、ぐるりがカメラを務める形での撮影を中心としつつ、セルフポートレートを交えた作品制作をする。
2014年12月以降活動を休止していたが、今回限定復活をする。

わたしとわたし、わたしがあなたであるために

活動歴
2013年8月 「私がわたしを撮る理由2」2位と窓辺賞を受賞。
2014年2月 個展「私があなたであるために」
2014年5月 「REAL PORTRAIT NAGOYA NEXT」NEO ALFALINE賞受賞
2014年9月 「私がわたしを撮る理由3」
2014年12月 「REAL PORTRAIT NAGOYA 2014」来場者投票2位

Twitter: 魔法少女元帥 / ぐるり
Tumblr

 

摩耶仙人 / Mayasennin

・「私がわたしを撮る理由」招待作家
・「私がわたしを撮る理由2」審査員


© Mayasennin

摩耶仙人 大阪市出身の43才

2006年より廃墟探索がきっかけで写真を始める。
2008年より廃墟でのセルフポートレイトを始め、セルフポートレイトの完成度を高める為に、被写体、デッサンモデル、舞踏など経験を積んでいく。
2016年、画廊主催のアートイベントでグランプリ獲得しイタリアのモンデーノ美術館にて作品展示。

www.mayasennin.com

 

三橋コータ / Mitsuhashi Kota

・「私がわたしを撮る理由2」優勝
・「私がわたしを撮る理由3」審査員


© Mitsuhashi Kota

1984年札幌生まれ。都内在住フォトグラファー。広告デザイナーのキャリアを経て、現在マーケティング領域に挑戦中。世界の解釈を自らに問うため、カメラを用いて作品制作を続けている。2013年8月「セルフポートレイト展 私がわたしを撮る理由2」にて最多票数獲得

 

杳芽具見 / Yoh Megumi

・「私がわたしを撮る理由3」出展
・「私がわたしを撮る理由4」幻賞


© Yoh Megumi

写真作家。大阪在住。フォトグラム、セルフポートレイト、自然風景。細胞レベル、分子レベルで考える宇宙や自然や人体への愛や畏れが根底にある。

2017/8 「邪教の王国」(グループ展)@SUNABAギャラリー(大阪)(予定)
2017/2 「怪談」(グループ展)@SUNABAギャラリー
2016/9 個展「薄明-meso pic-」@SUNABAギャラリー
2016/7 SUNABAの夏フェス@SUNABAギャラリー
2015/12 SUNABAフェスティバル@SUNABAギャラリー
2015/11 個展「星に睡る」@カフェ百日紅
2015/8 第8回アンデパンダン展@アートコンプレックス・センター・オブ東京
2015/6 セルフポートレイト展「私がわたしを撮る理由4」
2014/9 セルフポートレイト展「私がわたしを撮る理由3」

Twitter Tumblr Instagram

 

りゑを / Riewo

・「私がわたしを撮る理由」招待作家
・「私がわたしを撮る理由2」審査員
・「私がわたしを撮る理由3」艶子賞


© Riewo

2007年、カメラマンとのコラボレートでモデル活動を始める。カメラマンと相談しながらテーマ、ロケーション、衣装などを企画し、加工、編集は自身で行う。
2008年、セルフポートレートを始める。

2011年 デザインフェスタvol.33出展
2014年 カフェギャラリー幻『セルフポートレート展 私がわたしを撮る理由3』出展 審査員特別賞(艶子選)受賞
2015年 カフェギャラリー幻『セルフポートレート二人展 コンプレックス』開催
2016年 銀座モダンアート『セルフポートレート展2016』出展
2017年 銀座モダンアート『セルフポートレート展2017』出展

Twitter

企画・出展

 

艶子 / Tsuyako


© Tsuyako

1986年生まれ。東京都出身・在住。自身の精神治癒として高校時代より独学でセルフポートレイト写真を撮り始める。近年では他者との関係性を題材にポートレイトを始め写真だけではない活動にも着目。2012年7月13日の金曜日「Cafe Gallery 幻」を開店し、店長となる。 幻では主にデザート製作と企画を担当。

2008年 個展「END ME」BEMSTAR cafe & gallery /♪ライブゲスト:田村昭太(blgtz) 小林祐介(THE NOVEMBERS)
2010年 主催企画展「seven/7 view point for Tsuyako」atelier BEMSTAR
2011年 「オトコノコ展」ONE PLUS 1 gallery / 審査員特別賞
2012年 「オンナノコ展」ONE PLUS 1 gallery / 観客投票4位 審査員特別賞
2012年 主催企画展「セルフポートレイト展 私がわたしを撮る理由」カフェギャラリー幻
2012年 艶子×シ゜二人展「obscure」カフェギャラリー幻
2014年「dot & meme #01"Portrait Alternative"」Gallery 知
2016年「第2回未明の方舟」イロリムラcref
2017年 主催企画展「おやすみなさい、わたし 第0回おやすみのあいさつ」カフェギャラリー幻
2017年 写真グループ展「闇の王Ⅳ」ギャラリールデコ

zakuro-13.petit.cc
Facebook Twitter