ギャラリーレンタル料 平日8,000円 土日祝10,000円 5日間割40,000円

ART / 公募展

推理・探偵展
D坂下のまぼろし殺人事件

2015年2月22日(日)~3月1日(日)

休廊日 25(水)、26(木)
時 間 15:00~22:00
作 家 井筒沙奈 英国ゴシック文庫 鏡カノン Q♡pid(野山苺摘)
    鏡野みづは 虚狐ふうが 鈴木康生 猫目書房 薔薇十字団
    晴雪 麦ごはん よみせ通り少年少女探偵団事務局 玲猫
    ◆特別協力:怪人猫面相

※都合により玲猫の作品は出展が遅れております。申し訳ございません。

  • 謎解き推理ゲーム:会期中随時 ※詳細後述
  • オープニング・パーティー:2月22日(日) 19:00~22:00
    無料(食べ物持込&差入歓迎)/どなた様もお気軽にご参加ください
 

幻で事件発生!? 「探偵・推理」がテーマのグループ展

よみせ通り少年少女探偵団の元に一通の手紙が届いた。

“予告状:
2月22日。幻想の小部屋に集いし物言わぬ美人たち。
影に潜む白猫がその麗しき獲物を1匹咥え去るであろう。”

差出人の代わりに記された猫のマーク――「怪人猫面相」。ここ谷根千に様々な謎を巻き起こすと噂される怪人物である。
かくしてその予告通り、千駄木の「文化系喫茶店 Cafe Gallery 幻」から1点の作品が消え去った。現場に残された死体。これも猫面相が……。

「いえ、奴は盗みを働けど人を傷つけることは良しとしない紳士気取り。猫面相の仕業とは思えません」

幻のカウンター席で江戸川乱歩『D坂の殺人事件』を読んでいた狐目の青年が、生来の暗い顔を上げた。探偵・暗智狐五郎である。

「この事件、まだ裏があるようです……」

 

名探偵、怪盗、事件、トリック、犯罪心理……時に知的で時に怪しく人々を魅了する「ミステリー」の世界。そんな「推理・探偵」をテーマとした作品展です。

奇しくも、カフェギャラリー幻のある場所は、江戸川乱歩の小説「D坂の殺人事件」のモデルとなった団子坂のすぐ近く。

さぁ、あなたの推理と感性で作品の世界に挑戦してください!
この謎に挑むのはあなたです!

謎解き推理ゲーム「怪人猫面相の挑戦状」

日 時 会期中随時
料 金 無料
参加方法 ご希望の来店者様へ挑戦状をお渡しいたします(予約不要)。

盗まれた展示作品、謎の殺人死体。作品を鑑賞しながら、現場に遺された証拠と探偵・暗智狐五郎のヒントを手がかりに、事件の真相を解き明かそう!
正解者には皆様にプレゼントがございます。

※店内が狭いため、満員の際は何卒ご容赦ください。
※会場に猫面相はおりません。

 

怪人猫面相 / かいじん・ねこめんそう

谷中よみせ通りを中心に出没する怪人。10天王と呼ばれる手下から数名を連れて、定期的に商店街やその周辺地域を侵略してくる。基本的には紳士で、人を傷つけたり殺めたりはしない。よみせ通り少年少女探偵団の永遠のライバル。

◆よみせ通りにあるお店「アートギャルリ谷中ふらここ」から生まれたご当地キャラクター。文京区にゆかりのある江戸川乱歩の『怪人二十面相』と同じくゆかりのある夏目漱石の『吾輩は猫である』をかけあわせて生まれた。
Website: よみせ通り少年少女探偵団

ザコキャット団 / ざこきゃっとだん

猫面相に心酔する集団。団員の数は定かではない。主に誰もやりたがらない雑用等を担当している。

暗智狐五郎 / あんち・こごろう

千駄木の屋敷に住む狐目の青年探偵。根暗な性格ゆえ大人たちには猫面相以上に怪しまれることもあるが、かつてはよみせ通り少年少女探偵団のメンバーであり、現在の探偵団にとっても良き理解者である。

出展作家

 

井筒沙奈 / Izutsu Sana


© Izutsu Sana

大阪生まれの大阪在住
絵、写真、詩などを行き来し、たぶんずっとひとつのことを描いてます。

主な活動履歴
2012/個展「ローレライ」 one plus1 gallery
2013/カフェギャラリー幻主催「私がわたしを撮る理由2」
2014/カフェギャラリー幻主催「失恋展」
   個展「色と糸」 カフェアナムネ
2015/2.25~3.2 井筒沙奈、白水梓二人展「未明の方舟」 イロリムラcref

Website: Beside the Deepest
Twitter: @liedsana

 

英国ゴシック文庫 / English Gothic Library


© English Gothic Library

「英国ゴシック文庫」は英文学専門の訳者による、本邦初訳ゴシック・ロマンスの文庫本同人誌。ゴシック・ロマンスは18世紀後半から19世紀初頭にかけてのイギリスで圧倒的人気を誇った怪奇と幻想の物語。典型的なのは、中世の修道院や古城などで超自然的な現象に見舞われたり、複雑な事件が起こり、登場人物は相次ぐ困難の嵐に翻弄されながらも、問題の解決へと突き進んでいく。

今回は、人類が滅亡した終末論的な世界を描く詩篇や散文を集めたアンソロジー『「最後の人間」文学集』と、嵐の夜に宿泊した城に現れる亡霊の秘密を探る『亡霊』を出展予定。

Twitter: @English_Gothic

 

鏡カノン / Kagami kanon


© Kagami Kanon

生きていき辛い世界の傍らにほんの小さくていいから上手に呼吸が出来る場所を創りたいヒト。

都内を中心に自作の物語と歌曲を歌物語る人。球体関節人形作家、レジンアクセサリー創作、寫眞家、個人撮影被写体、ライブ出演など

Mail: kanonkagami@gmail.com
Twitter: @kanonkagami
Blog: トリッキィオペラハウス

 

Q♡pid(野山苺摘)

Q♡pid(キューピッド)では『カフェでほっこり謎解きランチparty』など、謎解きや縁結びをはじめユニークでハートフルなイベントを企画しています。

池袋にある探偵カフェ「プログレス」とコラボし、イベントやテイクアウト用の謎解き「Q♡box」の販売も行っています。今後は「こうべナゾトキパーティー2」「ナゾガク2015」「九州謎祭り2015」等へ出展予定。

今回の推理・探偵展ではQ♡boxの限定バージョンを販売致します。

Website: Q♡pid(キューピッド)
Twitter: @Q_pid_room
FaceBook: Q-pid(代表 苺のライター日記)

 

鏡野みづは / Kyono Miduha


© Kyono Miduha

「箱と匣とハコと。」
どうしようもないhako好き。

変な形の匣には何にでも萌える性質。
吸血鬼を愛するがため、特に棺桶形(変形六角形)を偏愛。

偶然、気まぐれに手を出したカルトナージュ制作。最初からおかしな形のハコをいきなり作り始めてしまい…気づけばどっぷり、頭の天辺までハマってしまった人間であります。
きっと、魍魎に憑かれたがゆえ。
前世のみならず今生にても逃れられず、きっと来世、来々世にても。
ふふふ…

Twitter: @Kyono_miduha
Pixiv: 鏡野みづは

 

虚狐ふうが / Kogitune Fooga


© Kogitsune Fooga

主に文学作品や文豪をモチーフに水彩画を描いています。今回は創作に一歩踏み出した作品を目指します。

【出展暦】
 2015年1月「猫と文学展」/カフェギャラリー幻様
 2014年6月「狸展」/谷中ジンジャー様
 2014年2月「文学さんぽ展」/カフェギャラリー幻様

Website: 夢宴
Twitter: @Kogitune_Fooga

 

鈴木康生 / Suzuki Yasuo


© Suzuki Yasuo

1969年 鳥取県生まれ
1992年 多摩美術大学卒業

 

猫目書房 / NekomeShiyobou


© NekomeShiyobou

★絵描き/野良アーティスト。
夢と現(うつつ)&デジタルとアナログの間を往き来しながら《 綺麗で不思議で面白い 》…をコンセプトに絵や物語を制作・発表。また、猫目書房キャラクターのグッズも制作・販売しております。

《略歴・職歴?》
★ナムコ→バンダイナムコ→野良アーティスト・絵描き(※←イマココ)…&謎作業中。

★その他★
オーダーメイドイラスト等、お仕事のご依頼……とても嬉しく、光栄なのですが、【猫目書房】という自身の中(うち)にある物語を紡いで行く事に無上の喜びを感じております。また、天職(ライフワーク)だと思っております。ですので、新規のご依頼よりも作品を購入して戴くのが一番嬉しく存じます。ワガママで申し訳ございませんが、皆々様。応援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

Website: 猫目書房
FaceBook: 猫目書房
Twitter: @bookscatseye
Shop: dクリエイターズ「猫目書房」

 


© Barajuzidan

薔薇十字団 / Barajuzidan

小林義和。イラストレーター。「Cafe Gallery 幻」代表。1978年生まれ、長野県出身、東京都在住。イラストレーター業の傍ら「呪物崇拝」を題とした美術作品も制作。

Website: 薔薇十字団 - Illustrations, Designs and Arts
Twitter: @barajuzidan

 

晴雪 / Haruyuki


© Haruyuki

2013年11月くらいから作家としての世界に迷い込んだヨチヨチ歩きの人。メイン表現は絵。「イラストレーターや絵師ではなく、"絵描きさん"、"画家"と呼ばれるようになってみたいな」という野望を胸に、今日も何か描いている。小鳥とロールプレイングゲームを混ぜた世界観の「鳥ちゃんRPG」で、ちょっとだけ認知度が上がった気がする。東洋よりも、西洋のモチーフが好き。

【略歴(抜粋)】
2014.12 「空想幻獣展 - 閃光の守護者と冥闇の叛逆者」に参加(主催:ことりゆう様)
2014.08 京都cumonogalleryにてグループ展「ツノの行商人」の造形枠で参加(主催:清水イズ様)
その他、江古田の雑貨屋さん「ふたばねこ」の企画展にほぼ毎回参加。
デザインフェスタVol.38,39,40に出展。

Website: Haruyuki-Akiumi.com
Twitter: @HaruyukiAkiumi

 

麦ごはん / Mugigohan


© Mugigohan

ファンタジー系や民族調のものを主軸に絵を描きながら興味のあるものに手を出しています。デジタルイラストとたまにアナログイラストをジャンルや雰囲気で少しずつ変化させて描いている。 2014年より動きだし、企画展に参加しつつ関東で活動中です。

Twitter: @mugi_gohann

 

よみせ通り少年少女探偵団事務局 (アートギャルリ谷中ふらここ内)


© Yanaka Furacoco

台東区谷中と文京区千駄木の間に位置する、よみせ通りで活躍中。年に2~3回の商店街行事に合わせて、探偵団イベントも開催しています。過去に参加した少年少女探偵の数は300名以上!

今回は、事務局は所有している色々な作家さんたちによる猫面相や探偵団のイラストや立体作品を展示、 ポストカードなどを販売します。

Website: よみせ通り少年少女探偵団

 

玲猫 / Reineko


© Reineko

僕にとって『撮る』ことは最大限の『自己表限』

1995.2.3 神奈川県在住
関東で風景・ポートレート中心に。

【出展歴】
 2015.1.27~2.2 天使展
 2015.8.9 學展

Twitter: @Thehatte_alice4
Tumblr: World of the Junk